ホーム>お米の品種について

お米の品種について

品種について

平成21年度水稲うるち作付け面積上位順

第1位 こしひかり

こしひかり

昭和31年に福井県農業試験場で農林1号と農林22号を掛け合わせによって生まれ、現在は新潟県、福島県以南の 各地で栽培されるお米の代表ともいえる品種です。
「越の国に光かがやく」ようにと、こしひかりと命名されました。

味が非常によく、粘りも抜群のため人気は高いのですが、産地によって味などのばらつきもあります。
新潟県の魚沼地方で栽培されたものが最も優れているとして有名です。

主な産地

新潟県、福島県、長野県、栃木県

第2位 ひとめぼれ

ひとめぼれ
平成3年に宮城県古川農業試験場でコシヒカリと初星を掛け合わせて生まれた品種。光沢、色沢が美しく味も良いことから人気も高い。当社では、産地にこだわった岩手県胆沢産のひとめぼれを取り扱ってます。

主な産地

宮城県、岩手県、福島県

第3位 ひのひかり

平成元年に宮崎県総合農業試験場でコシヒカリと愛知40号を掛け合わせて生まれた品種。主に九州地方で栽培されており、序々に食卓に広がりつつあるお米です。

主な産地

熊本県、福岡県、大分県

第4位 あきたこまち

あきたこまち

昭和59年に秋田県農業試験場でコシヒカリと奥羽292号を掛け合わせて作られた秋田県湯沢市小野の小野小町生誕伝説にちなみ、「あきたこまち」と名付けられた。

市場ではコシヒカリより安価ではあるが、とても美味しく、人気1、2を争う品種である。当社では、岩手県の雫石で収穫したあきたこまち他など豊富に取り揃えております。

主な産地

秋田県、岩手県

第5位 ななつぼし

「ななつぼし」は、北海道立中央農業試験場で育成されました。

平成13年に奨励品種として採用され、北海道の稲作生産を担う重要な品種と位置づけられています。

主な産地 北海道

 

第6位 はえぬき

主な産地 

山形県

 

第7位 キヌヒカリ

主な産地

 

第8位  まっしぐら

主な産地

青森県

 

第10位 ゆめぴりか

主な産地

北海道

ページ上部へ