ホーム>お米のおいしい食べ方

お米のおいしい食べ方

美味しい炊き方

正しい炊き方で、おいしいごはんを食べましょう!!

美味しい炊き方

1 計量

炊飯器に付属している計量カップ(180ml)で米びつなどからお米を山盛りすくいとり、スプーンなど平らな部分ですりきって、正確に量ります。

2 洗米

一度すすぎ、手早く研ぎましょう。現在は精米技術の発達がすすんでおり、洗米のしすぎは胴割れ(お米が割れること)がおこりやすく、食味が落ちるので、水がある程度透明になったらOKです。

3 水加減

きちんと分量を量ります。内釜の目盛りはひとつの目安ではありますが、好みで固めのごはんがよければ少なめにし、やわらかいご飯は少し多めにします。

美味しい炊き方

4 浸漬(お米に水を十分吸わせる)

ふっ くらしたご飯を炊くには、炊く前に十分水に浸して、お米に水分を吸わせることがポイントになります。

水に浸しておく時間は水温によって異なります。夏なら 30分くらい、冬は2時間くらいがよいでしょう。急ぐ場合は、40~50℃のぬるま湯に15~20分ほど浸してから炊くとよいでしょう。

5 炊飯開始→蒸らし

蒸 らすことで、ご飯の粒の水分が均一になります。蒸らしが十分でないと、水っぽいご飯になってしまいます。最近の炊飯器では蒸らし機能がついているのがほと んどですが、蒸らし機能のない炊飯器の場合は、スイッチが切れた後、そのまま10~15分ほどおいてください。蒸らしている途中でふたを開けることは禁物です。

※蒸らし機能の有り無しについてはお手持ちの炊飯器取扱説明書などをご覧の上、ご確認ください。

保存方法

お米の保存方法

ご飯の保存方法

お米は生鮮食品です。
お米は土から獲れるもの。
同じ土から獲れる野菜と同じように保存することが最適の保存方法です。

ご家庭でできるベストな保存方法は・・・
ペットボトルの空き容器に米をいれ、冷蔵庫の野菜室に保管します。
冷蔵庫で低温保管することで新鮮さが長持ちします。

米びつなどの容器を使っている場合、こまめに清掃をし、よく乾燥させたうえで、新しい米を入れます。
米びつを置く場所はできる限り高温多湿な場所を避け、冷暗所に置くようにします。
また、特に夏場は虫の発生が気になる時期です。
唐辛子の成分を利用した虫除け品も市販されていますので防虫対策をお忘れなく!!

ご飯の保存方法

残ってしまったご飯の保存

ご飯を余分に炊いた場合は、冷凍して保存しましょう。
炊飯器の中で放っておくと変色し、食味が損なわれます。
ご飯は温かいうちに、ラップや、フリージングバッグに入れ冷凍庫にいれます。
解凍したご飯は、チャーハンやカレーにするといつものご飯より適しており、美味しくいただけます。

ページ上部へ