ホーム>お米マイスターブログ>2015年12月

2015年12月

長野県原産地管理制度認定品お披露目会に行ってきました。

20151221211355.JPG12月18日 長野県原産地管理制度認定品お披露目会に行ってきました。

長野県原産地管理制度とは、原材料から加工まですべて長野県で行われた、ワイン、日本酒、焼酎、シードル、お米について審査し、

長野県がおいしいと認定する制度です。

お披露目会はこれらの商品を、一般の方々に試飲、試食して頂くくことを目的に開催されました。

私も米の官能審査委員をしておりますので、出席してまいりました。

写真はエッセイストでワインも作っておいでになる原産地管理委員会会長の玉村豊男さんの挨拶です。

このあとは、認定品の飲み放題、食べ放題、長野オリジナル食材を使ってのオードブルと賑やかで、良い写真がとれませんでした。

お米は認定品の中でも、東信地方と中信地方のコシヒカリを食べ比べて頂きました。

参加者の方の中には、「お米の食べ比べは経験がないけど、同じコシヒカリでも、特徴があるんだね」等のお話をたくさん頂きました。

ちなみに当日の一般の方の参加費は2000円でした。結構もとを取れた人が多かったと思います。(小宮山)

ページ上部へ